重曹って…

昨夜、世界一受けたい授業で横浜国立大学名誉教授の渋川祥子さんという先生がマジッククッキングを披露していました。

どれも試してみたいおもしろ料理で「パスタを使ったラーメン」ではパスタの麺と重曹さえあれば中華麺にも、焼きそばにも応用できると目からウロコの面白さでした。
早速、真似してみたいところですが、私はこの「重曹」がよく理解できていないのです。

そもそも「重曹」ってなに?「大丈夫なの?」みたいな気持ちになってしまいます。
重曹が、そもそも洗剤の仲間に私の頭の中で入ってしまっていて、グレーゾーンのまま解決していないことが原因。
以前にもなにかの雑誌で年末の掃除には「重曹」が大活躍!みたいな特集があり、何かにつけてたまに登場する、この「重曹」。。。

だいたい「重曹」って漢字も全く同じだし…
スーパーへ買い物に行ったら重曹は洗剤売り場にあり、さすがに「これを料理に使うのはマズイんじゃないか…?」と不安になり断念した記憶があります。

そこでネットで検索してみると。
重曹はお掃除用重曹と、お料理用重曹がありそうです。
薬局で「炭酸水素ナトリウム」下さい。というとお掃除用?
スーパーで「ベーキングソーダ」というとお料理用?
重曹で検索すると「クエン酸」とか「食品添加物」とかも表示されます(*_*;
ますます混乱しますが美容にも健康にも掃除にもなんにでもマルチに活躍するもののようです。
最近、話題になっている炭酸化粧品ですが、これにも利用できそう。

これは研究してみる価値あり。

このテレビ番組の中で黒豆の皮で作った汁に(アントシアニンたっぷり)レモン汁を加えてキレイな赤色のジュースになってましたが、以前黒豆ダイエットが流行した時に毎週、黒豆を煮ていたので、もっと早くこの情報を知りたかった。
ま、でも機会があったらやってみたいですね。

[PR]

by shin-sui_21 | 2011-11-27 20:29 | ダイアリー