いじめ問題

いじめ問題が爆破予告や脅迫状、加害者の情報流出などで生徒が通学していた中学校や大津市役所などに警察が家宅捜索する異例の事態になっています。
埼玉の中学1年の女の子のいじめ自殺事件は裁判で遺族が敗訴しましたが…。

男子生徒が自殺したのは去年の10月で、それまでに被害届を3回も出しているのに警察は拒否したらしく、学校や大津市教委も必死で「隠蔽」しようとしたものの、大きな問題になってしまったことで「いまさら」バタバタとしています。
いまだに「ことなかれ主義」「とにかく隠蔽」「何もなかったことに」の閉ざされた「学校」という名の恐ろしい場所。

いじめの内容を聞くと、よくも「知らぬ存ぜぬ」ととぼけることができた、としかいいようのない耳をふさぎたくなるような悲惨な内容で…。
この自殺した中学生のまわりには人間の皮をかぶった化け物ばかりではないかと思ってしまうほど悲しいものです。
もう、いじめも立派な「犯罪」ですね。

犯罪として扱わないと、あまりにも大人や学校関係者はのんきすぎるので、もう少し犯罪が行われていることを自覚してしっかりしてもらわなければ困ります。
いじめを知って傍観していたまわりの大人も学校も「ボーッ」としすぎ。
先生はアホばっかなんでしょうかね。
まわりに、まともな人間は一人もいなかったのでしょうか?

そして、今でもこれまでもあちこちでいじめという「犯罪」が起こっていて、何事もなかったように生きている人たちが大勢いると思うと、恐ろしい世の中です。

いじめを行っている当人たちは、いじめているうちに「最後に自殺するかもしれない」と自覚できていたはずで、どんどんエスカレートしたんでしょう。
まわりで傍観している者たちも「最後に自殺してしまうかもしれない」と思っていたはずです。
だからこそ、いじめは早期発見してすぐに手を打たなければならないのに、学校の中にはまるで大人が一人も存在しないような無関心さ。

その中にどんな気持ちで彼は、毎日地獄のような学校へ通っていたのでしょうか。。。
命の危険がある場所には、生き物は近づかないはずです。

いくら親が助けようとしても…学校内での出来事がここまで閉ざされ、学校へ、市教委へ、警察へ、どこへ助けを求めても親が無力なら、どうすればいいのでしょうか?

いつまでもいじめの悲惨な出来事はなくなりませんが、教育関係者や学校は、いったい何をしているんでしょうか?
「スクールカウンセラー」や「いじめ相談窓口」などが設置されているはずなのですが、何をしているのでしょうか?
ただの税金の無駄遣いですか?
子供にしてみれば勉強は塾へくし、学校は退屈で、何をしに行く場所になっているのでしょうか?

茶髪にすれば鍵をしめて子供を学校に入れない校長や、子供にすごい威圧感で偉そうに上から者を言い、やる気を奪い取る教師、女子をなめるように見る教師、教師全員による子供いじめ。
子供をダメにする先生や、子供のためにまったく役に立たない学校なら増税もささやかれる中、そんな場所いらないです。
世間ではまるで「親がうるさい」モンスターペアレンツなどと思われているようですが、親が怒るのには理由があります。教師も子供と一緒にいじめに参加していたり、まるで話しにならない。
親から見て、先生にも人格に問題のある人が多すぎるんです。
毎年、子供にアンケートを取るべきです。

学校では「普通の子以外は仲間外れにしましょう」「従順な子だけをいい子と扱いましょう」ということしか学べない。
みんな個性のある人格だということを教えてくれるところではありません。
ただの、大人と子供のストレス発散のはけ口のようです。

これでは、安心して子供を産み育てられる環境ではないといえます。
政治も学校関係者と同じで自分たちのことだけを考えるのに一生懸命で、このぶんじゃアテにはならないようだし。

とにかく、自分の子供がいじめを受けているかもしれない、と感じたら親子で「被害者」であるという認識を持ったほうがいいですね。
そして、すぐに「記録」を続け、子供とともに「日記」に記録し、あちこちに相談したなら、その内容をすべて録音しておきましょう。
動かぬ証拠を揃え、いじめをする者はいじめという犯罪の「加害者」と扱いましょう。

学校は「うちの子がいじめを受けているかもしれない」と相談があったら、1週間以内に学校で「アンケート」を実施することを義務づけ、親に提出することをするべきで、それは当たり前のことだと思います。
子供たちは人としての立派な意志があるなら、しっかり見たこと聞いたことをアンケートに記入しましょう。
そして、そのアンケートは一切偽造せず、相談した親に「証拠書類」として提出してください。
警察はそのアンケート内容をいじめという犯罪の「証拠書類」として扱いましょう。

親は贅沢もせず、まじめに働き貧しいながらも子供を産み育て、税金を収めているのですから、当然のことじゃないでしょうか?

アメリカではホームスクールというシステムが法的に認められています。
家庭や図書館などを利用しながらテストも自宅で受けられるようです。公立学校のような扱いで、アメリカでは、このホームスクーリングが増加し続けています。
(アメリカでも、学校は問題が多いのでしょうか)
日本でもホームスクーリングが法的に認められ、一日も早く定着してほしいものです。。。

定着しないとしても、学校は命がけで行かなくてもいいし、他にいくらでも方法はあるはずです。

◆いじめを受けやすい子
あまりしゃべらない子
茶髪で不真面目な子
母子家庭の子供
親がPTAをしない子供
美人・かわいい子

など、女の妬みが潜んでいるわかりにくい陰湿タイプや、先生も親を見ていじめに加勢するか見てみぬふりするかなどを判断している様子もある。
茶髪の子でも親が熱心にPTAをしていれば先生のいじめには合わない。
PTAの親の子どもや地元の権力者の子供や、親が偉い、などがいじめをするパターンが多いですね。
そんな子供のことは先生も見てみぬふりしてくれますから、いじめの根本は親であるパターンもとても多いです。
PTAの親や、群れている親というのは自分が気に入らない親の子供をターゲットにして自分の子供をけしかけたり、仲間同士で先生も取り込んで暗黙の了解でいじめが行われる場合が非常に多い。
教師に自分の子がいじめに合うのも、逃げ場がなく、たまったものではありません。
しかも相手をちゃんと見極めているからたちが悪い。
ストレス発散なのか自分の力を誇示したいのか試したいのか、おぞましいドロドロした、まさに野放し状態。
これは昔からの学校内での決まりごとのような伝統のようなもので、何十年も変わらない。

私はやっと中学生の子供はいなくなりますが、まわりのお母さんたちも大変苦労してました。
母親たちに自分がいじめのターゲットになってしまうと、子供に及ぶことを知っているからです。

学校は大人の世界にも蔓延するいじめの諸悪の根源であるかもしれません。
これだけ蔓延すれば、結局は社会の中で誰しもいじめに合う確率が高くなるだけです。
大変な世の中ですから、そんなジメジメしたつまらないことはやめて子供には楽しい学校生活を与えてあげたいですね。
話はそれていきましたが、とにかくお母さん、自分の子供を自分で守りましょう!!

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-13 17:49 | ぼやき