いじめ問題3

いじめ問題3

いじめ問題にロックオンしており、本日3回目の投稿です。

今日26日から生徒への数百人規模の事情聴取が始まるそうです。
担任の無責任さも露呈してきています。
担任は同級生の訴えにも「ほっとけ」と言っていたとの記事が。
この担任は生徒を見捨て、間違いなく重大な責任があると思います。
先生より以前に、人として終わってます。

滋賀県警はいまさらいじめ相談ダイヤルを開設するそうですが、とにかくすべてが「事が起こってから」です…。
「予防」とか「予測」とか、できないんですかね。
もしかして「予測委員会」「予防委員会」とかも必要なんでしょうか?
現在でもいろんな機関がいろいろありそうな割には機能してないから、こんなことになっているんでしょうから。

あちこちに機関を分散すると「言い訳や言い逃れ」しやすいでしょうが、いろんな機関を通るたびにおかしくなってしまう気がします。
1つの機関にすべてを集中したほうが効率がいいはずだと思うんですがね…。

今まで役に立たなかったものは税金の無駄なので閉鎖してもらい、実際にいじめ対策に実績を残す機関だけが残ってくれればいいですが…。
近く、第三者委員会を設置するそうですが、どこまで役にたつものか観察したいと思います。

それもこれも学校に従事している人たちが、お話にならない、いい加減な人たちだから学校以外に多くの相談機関が必要なんですが。
いったい何をしに毎日学校に勤務して、学校の中で何をしてるんでしょうか?
いじめに関する電話相談が何千件も寄せられているそうですが、学校関係者やPTAは何をしてるんですかね?

ただでさえ不景気で母親も働かなければ生活やっていけないのに、学校にも安心して子供を預けることができないなんて。
安心して子供を預けられる環境を一刻も早く実現してほしいものです。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-26 12:56 | ダイアリー