麦粒腫(ばくりゅうしゅ)で眼科へ

数ヶ月前に目の下の涙腺のあたりがプクッと腫れていました。

特に痛くもかゆくもないし、ものもらいだからしばらくすると治るだろう、と思っていたら…
1ヶ月以上たってもおさまらないし、だんだん赤く大きくなってきたのであわてて眼科へ。
土日祝も診察している眼科をみつけ、となり町まで行ってみました。


散々、視力検査をした後、やっと小さなおばあちゃんの先生が診察してくれました。

「どれくらい前から症状がありましたか?」
「1ヶ月は経ってます」と答えたら…

ものもらいはしこりのようなものが大きくなっていて、
先生はそのしこりをグリグリ押して
「大きくなってるなぁ」
「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)やなぁ」
(ばく…?ものもらいじゃないの?)
「すぐに来ればすぐに早く治ったのに…」
(早く来ればよかった…と後悔。)
007.gif

「すぐにおさまるのかなと思ってしまって」
「仕事が忙しくてなかなか時間がなくて」
とか、言い訳してみる。

先生は「ここまで腫れると時間かかるなぁ」とボソッと。
「切開するのが早いけど…」
(早いけど?)
「場所が場所だし」
(まぁ確かに私も怖い)
「血もいっぱい出るし」
(怖い)
「殴られたみたいに腫れるし」
(マジですか)
008.gif

「スタッフも数人いるし」
(そうなんですか)
「人件費がかかって」
(はぁ)
「危険だし手間もかかるし」
(まさか…言っちゃう?)
「割りに合わないから」
(言っちゃうの?)
「したくない」
(言っちゃった…)
005.gif

しばらく私はポカンと口をあけて目を見開いて先生をみつめたまま絶句していました。

先生は特に普段と変わりない様子で、普段からこんな感じのようです。

「じゃあ…私はどうすれば…」

以前「病院で態度が悪かったり文句を言ったりすると病院から相手にされなくなる」との噂を耳にしたことがあり、実際に思い当たることもあるのでここは先生の返事をじっと待っていました。

「目薬だしときます」
(目薬?)
「そのかわり数週間、時間がかかりますよ」
切開はしてくれそうにないし、怖いし、目薬のほうがいいし、時間がかかってもいいから目薬で私も納得。

「老眼鏡、作りますか?」
「予算はどれくらい…」
「3万円くらいみといてもらったら」
「考えてみます…」

結局、2種類の目薬を処方してもらい、マメに目薬をさしていたらどんどん小さくなってきました。
でも、目薬をしだして1ヶ月以上経過しましたが、小さくはなったけどなくならないです。
もう、なくならないかもしれないような気がしてきました。

ものもらいと甘く見ず、やっぱり何でも早めの受診をおススメします。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-10-19 17:50 | ぼやき