かつおのたたきがうまい季節

さんまやかつおがうまい季節がやってきましたね★

とっても安くて新鮮だったので、かつおのたたきを買ってきました。
もう、毎週のように食べてます。

しかし、ひとつだけ困っていることが…

それは、かつおのたたきにいつもついている「たたきのたれ」

付いているのは大助かりなので贅沢は言えないとは思うのですが…

「開けにくい」んです。また、これが。

小さい袋にギザギザがあるものの、肝心な「もうちょっと」というところで開かない…

こうなったら想像できるこの後の展開。

「無理やりギュッと開けたらビャッと飛び散って服にペチャッとついてギャッと言う」
みたいなパターン。
着ていた服に飛んできた「たれ」を洗面所へ駆け込み、すぐに水洗いして洗濯カゴへ。

案の定、毎週のようにこの「たれ」の儀式と向き合っている今日この頃。

「じゃあ、使わなければいいじゃん」
いや、そうなんですけどね。
主婦の悲しい性というか。。。もったいないし、せっかくついてるし。と毎回、自問自答して結局は、使います。

些細な出来事ではありますが、なぜだか不思議と重なるんですよ~。

ある日、昼食に「スパゲティナポリタン」を作ろうとホールトマトを買ってきて
ソースを作るために缶ごとお鍋に投入。
ホールトマトを木じゃくでつぶすと「ビュッと」トマトの汁が服にピッとついて「うわっ」となって
また洗面所に直行して着ていた服を脱ぎ、急いで水洗いして洗濯カゴへ。

そして、今日。
午前中、ある講習会で缶詰状態。
喉はカラカラ。
途中トイレ休憩で何か飲み物を調達しようとダッシュ。
しかし…ない!!
自動販売機がない。
ここはビルの17階。
地上まで降りて販売機を探して戻ってこれるか…えーい、面倒くさい。
カバンをまさぐると「あった」
のど飴がひとつ入っている~ラッキー★

飴ちゃんの袋のギザギサを見たときに「イヤな予感」が。
「まさかね」
指先に神経を集中して…
「やっぱりか…」
また止まりました。
例の「あと寸前」のところで。
講習会場に戻りながら「頼むから飛び出さないで~お願いだから~」と念じ
すべてのパワーを指先に集中し「あいた」
ギリギリ飛び出さず。
くちの中に飴ちゃんを無事放り込み、「ホッ」
よかった~
自然に笑いがこみあげる。
なんとか、のど飴をゲットできました~
危なかった~
042.gif

ここで飛び出されたらきっと私は飛び出した飴ちゃんをじっとみつめ、「3秒ルール」か、「あきらめる」かを自問自答し、泣く泣く諦めてガックリしながら講習会に戻るはめになり「私はどうすればいいの」状態になってしまうところでした。
ただの「休憩中ウロウロして飴ちゃんに逃げられて丸腰で戻ってきた喉カラカラの人」になってしまう。

今日も安くて新鮮なかつおのたたきを見ると、いつも「たれ」のことはすっかり忘れ、つい買ってしまう私です。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-10-26 18:13 | ぼやき