数ヶ月前に目の下の涙腺のあたりがプクッと腫れていました。

特に痛くもかゆくもないし、ものもらいだからしばらくすると治るだろう、と思っていたら…
1ヶ月以上たってもおさまらないし、だんだん赤く大きくなってきたのであわてて眼科へ。
土日祝も診察している眼科をみつけ、となり町まで行ってみました。


散々、視力検査をした後、やっと小さなおばあちゃんの先生が診察してくれました。

「どれくらい前から症状がありましたか?」
「1ヶ月は経ってます」と答えたら…

ものもらいはしこりのようなものが大きくなっていて、
先生はそのしこりをグリグリ押して
「大きくなってるなぁ」
「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)やなぁ」
(ばく…?ものもらいじゃないの?)
「すぐに来ればすぐに早く治ったのに…」
(早く来ればよかった…と後悔。)
007.gif

「すぐにおさまるのかなと思ってしまって」
「仕事が忙しくてなかなか時間がなくて」
とか、言い訳してみる。

先生は「ここまで腫れると時間かかるなぁ」とボソッと。
「切開するのが早いけど…」
(早いけど?)
「場所が場所だし」
(まぁ確かに私も怖い)
「血もいっぱい出るし」
(怖い)
「殴られたみたいに腫れるし」
(マジですか)
008.gif

「スタッフも数人いるし」
(そうなんですか)
「人件費がかかって」
(はぁ)
「危険だし手間もかかるし」
(まさか…言っちゃう?)
「割りに合わないから」
(言っちゃうの?)
「したくない」
(言っちゃった…)
005.gif

しばらく私はポカンと口をあけて目を見開いて先生をみつめたまま絶句していました。

先生は特に普段と変わりない様子で、普段からこんな感じのようです。

「じゃあ…私はどうすれば…」

以前「病院で態度が悪かったり文句を言ったりすると病院から相手にされなくなる」との噂を耳にしたことがあり、実際に思い当たることもあるのでここは先生の返事をじっと待っていました。

「目薬だしときます」
(目薬?)
「そのかわり数週間、時間がかかりますよ」
切開はしてくれそうにないし、怖いし、目薬のほうがいいし、時間がかかってもいいから目薬で私も納得。

「老眼鏡、作りますか?」
「予算はどれくらい…」
「3万円くらいみといてもらったら」
「考えてみます…」

結局、2種類の目薬を処方してもらい、マメに目薬をさしていたらどんどん小さくなってきました。
でも、目薬をしだして1ヶ月以上経過しましたが、小さくはなったけどなくならないです。
もう、なくならないかもしれないような気がしてきました。

ものもらいと甘く見ず、やっぱり何でも早めの受診をおススメします。

[PR]

# by shin-sui_21 | 2012-10-19 17:50 | ぼやき

もう、週末は毎日、1日に何回も勧誘の電話がかかり、近頃は平日の夜でもかかってきます。

相手をするのも面倒なので使わない時は留守電にしていますが、たまに大事な電話もかかってくるし、エキサイトのお仕事もあるのに、超迷惑です。

子どもが成人式を数年後に控えているために「着物」の電話の嵐。
うんざりしてしまいます。

ほとんど連絡は携帯電話を使っているために普通の家庭の電話機は電話勧誘用のために毎月、固定電話料金を支払っているような状態。

なんとかならないもんでしょうか。

[PR]

# by shin-sui_21 | 2012-10-12 17:50 | ぼやき

9月に入っても、引き続き突然のゲリラ豪雨がすごいことになってます。

体にまとわりつくような湿気は「サウナか」というような蒸し暑さでしたが、最近のゲリラ豪雨のあとは確かにちょっと涼しくなります。

傘がまったく役にたたないほどの猛烈な雨と、いまにも落ちてきそうな雷…。

明日からは3連休なのに。

ゲリラ豪雨もお休みしてほしいものですね。

[PR]

# by shin-sui_21 | 2012-09-14 18:51 | ダイアリー

昼間は異常な暑さで、厳しい残暑が続いてますね。

朝からカンカン照りで、洗っても洗ってもすぐに増える洗濯物を洗う毎日ですが、洗濯物を干すピンチも洗濯ばさみも暑さのせいで粉々になってしまい、1個、2個、と壊れていき…

だんだん干すたびにピンチが減ってきて干しにくくなり、数も少なくなってきて、最後にはほとんどのピンチが壊れ、枠だけの状態になってきました。

買い物に行ってもつい、洗濯ばさみやピンチを買うことを忘れてしまい…。
毎日洗濯物を干すたびにピンチが壊れないようにドキドキしながら干す日々です。

近畿地方では毎日のように夕方になると雷が轟き、大粒の雨で何も見えないほどの土砂降りになる今日この頃。
せっかく朝から干した洗濯物も夕方には突然真っ黒な雲がやってきて真っ暗になり、バケツをひっくり返したような雨にあってしまいます。
仕事先から呆然と窓の外をみつめつつ、洗濯物の心配をすることが多いです。

それにしても。。。。
洗濯しても洗濯してもすぐに洗濯物はたまり、
食事の支度をしても、してもすぐになくなり、
捨てても捨ててもゴミがたまり。。。。

たまらないし、すぐになくなるのはお金だけ。

使っても使ってもすぐに貯まるわ~と言ってみたいもんです。

[PR]

# by shin-sui_21 | 2012-08-30 17:54 | ぼやき

うちはマンションの上層階に住んでいるんですが、築15年ほどのそんなに新しいマンションでもないのに住み始めて3年ほど経過してみて、つくづく思うのは「ゴキブリが1度も出たことがない」こと。

マンションの上層階に暮らすのは人生初のことだったので、「上層階の虫との無縁さ」に驚きです。

私の実家はマンションの4階ですが、ゴキは頻繁に出てきてます。
ゴキがでなくなるのは何階部分からあたりなんでしょうね。

マンションなどの集合住宅では「ゴミ出し日」じゃなくてもいつでもゴミが出せるのでマメにゴミを出せるからかもしれません。

セミやらコガネムシやら赤とんぼや蛾などはマンションの外にはいますが、部屋の中に入るとすれば「ハエや植木からコバエ」程度で、ちょっとコバエ除去を設置すれば、すぐにいなくなります。

夏は「蚊」もいませんが、まれに入ってきます。
「蚊」の場合はちょっとやっかいです。

この「蚊」が入ってくるルートがあって、一階の植木あたりに蚊がたくさんいて、周辺で子供が遊んでます。
この子供に5匹くらいの蚊がくっついたままエレベーターに乗り込み、そのまま子供と共に部屋にまで侵入する蚊と、エレベーター内で違う人にくっつき、そのままその人の部屋に侵入するというパターンのようです。

1匹でも蚊が侵入すると大変で、下手すると2週間くらい1匹の蚊に苦しんだりします。

部屋の中のどこかにはいるんでしょうが、どの部屋にいるのか、わからない。

すべての部屋で蚊取り線香を炊こうもんなら煙たくてしょうがないし、すべての部屋に設置するほど虫除けも準備してないので、毎日、夜眠ろうとすると「んーんー」と顔のまわりを飛ぶ。

しばらく耐え、ブチ切れて電気をつけ「殺す」と思ったらみつからない。
すっかり寝不足で翌日の夜はとなりの子供部屋に出現、夜中に子供が電気をつけて「蚊がいる~」と言って起こされ、またもや安眠できず。

昼間、テレビを見ていても目の前をフワフワ飛んでいたら血相かえて必死で殺しにかかるものの、すぐに見失ってしまい、「覚えとけよ~」とかつぶやきつつ、あきらめ。

そんな日がしばらく続き「今夜は必ずやっちまうぞ」と決心して蚊が出現した部屋で1時間ほど勝負し、やっと殺せた時には両手を広げて「やった、やった…」と確かに間違いないかこの目でしっかり確認し、ひとりで感激し、また安眠の日々が戻ってくる。

…そんなことになってしまいます。

[PR]

# by shin-sui_21 | 2012-08-23 14:30 | ダイアリー