タグ:イーチンタロット ( 42 ) タグの人気記事

滋賀のいじめ事件はやっと捜査が入り、校長もいじめが原因であると一部を認める方向です。
さすがに、ここまで証拠や証言が出てきてはとぼけることはできないとも思いますが。
学校側はアンケート結果を口外しないように約束し、親もそれを守っていたので世間に知れるのが遅くなったようです。
とんでもないですね。
学校は学校関係者のためにあるのではなく、生徒のためにあるのに、何か勘違いしてるんじゃないでしょうか?

生徒への1回目のアンケートでは「泣きながら担任の先生に電話をしていた」「先生は一度注意したけれど、その後は一緒に笑っていた」との記入がありました。
この少年は担任にもSOSを発しているのに、加害者と一緒に笑っていたというのですから、ひどすぎます。
とにかく学校は「PTAさまさま」ですから、それ以外の子供の扱いは適当なものです。

今日までどれだけの子供たちがいじめの犠牲になり、担任も学校もいじめに加担し、子供を見捨ててきたんでしょうか。
いままで放置し、隠蔽した数は想像を絶する数となるはずです。

昨日も、今日も大阪でもいじめが原因と思われる飛び降り自殺が次々と起きています。
これだけ後追いが続くと報道は抑えられているはずです。
表面に出たら恐ろしい数かもしれません。

でも、それでは滋賀の少年もご両親も、もっと悲しむことになります。

滋賀の犠牲になった少年のためにも、自殺することはやめていじめ撲滅のため、親と一緒にいじめている側の行動や録音、学校側の対応もメモを取り録音し記録しましょう。
電話機にも録音機をつけ、警察に相談した際にもすべて記録、録音し、犯罪の温床を1つでも消しましょう。

スマホにはいい録音機能がついているものが多数あります。
ですが、携帯やスマホを学校へ携帯を持ってきてはいけない、としている学校が多いので、学校中に監視カメラを取り付けてくれるのが一番いいのですが、たぶん学校側はそんなことをすると困るので、設置しないでしょう。
ならば、携帯電話ではない、録音機だけも販売されています。
録音だけをするためのもので、大学生は授業を録音して復習することに利用していたりします。
小さくて筆箱やポケットに十分収まるサイズのものもあります。

スマホで動画も録画できるので活用し、兵庫県では小学生に中学生が暴行する映像がyoutubeに公開されていたことがきっかけとなり、逮捕容疑がかかっています。
「遊びだった」との言い訳は通用しなかったようですが、今回は動画があったために内容は明確ですが、やっかいなのは本当に「遊び」の場合もあることです。

私が目の当たりにした事ですが、5~6人が1人の下級生をからかっていたらしく、その中の2人だけが「暴行」と問題になり、その後2人は先生に、まさにやりすぎじゃないかと思うような、いじめのようなしごきをさせられていました。
そもそも「肩パンチ」という遊びだったらしいですが、親から先生に苦情がきて問題になったらしく、その後この下級生には先輩たちも同級生も誰も相手をしなくなってしまいました。

その2人の子供の親は先生とあまりコミュニケーションがなく、見逃した生徒の親は先生と頻繁に世間話などおしゃべりをしていました。そして、成績もよかったのです。
先生も「この2人は成績を下げる」というようなきっかけが必要だったのか、とってつけたような出来事でした。

私は親と先生の共謀のような気がしてならなかったのですが、確かに先生も親しい親の子供には何もできない、言えないものです。

この2人だけ槍玉にあげられ、同じことを下級生にしていたのに見逃された他の数人は、今度は先生と共に、この2人のいじめを加担するほうにまわりました。
なぜこの2人だけが、との思いはありますが2人の親は自分の子供のしたことは悪いことに間違いはないので、なんの言い訳もできず、逆いじめにも親子で耐えるしかありません。
完全に口封じをしてからのいじめです。
このような、巧妙な「はめられ型逆いじめ」もあるので注意が必要です。

いじめをした子を逆いじめするなんてことは永遠に終わらない無限のいじめループで結局なくならないのでは解決にも何もなりません。

ひとりの子供をターゲットにして、ささいなことであげあしを取り、両隣のクラスまで響き渡るほど大声でしつこく毎日注意し、クラスでのいじめを誘発させる担任もいます。
本当に先生はどんな教育を受けて教職についているのか不思議に思うことが多く、自分の子供は親が一番よくわかっているのですから、先生の言うことを間に受けないように自分の子供のことをしっかりと理解し「うちの子はそんなことをする子ではない」と感じたら子供としっかり話し合い、親が信じて子供を支えなければ親が黙っていると先生や学校はますます調子に乗り、子供へのいじめや学校内での侮辱などがエスカレートします。

自分は優等生で影で命令だけして、実行をさせるのは別の子供にさせる「影で操作タイプ」もあります。

女の子のいじめの場合はわかりにくく、暴力などはなくても陰湿で、たいてい「仲間はずれ」パターンが定番です。
これも毎日あきらめず、「○月○日朝から誰ともしゃべらず、お弁当も一人で食べて帰宅」などの状態を毎日記録しましょう。
誰かに話しかけても無視されたら、「○月○日○○さんに話しかけたが、無視された」や、「○月○日担任に相談したが「気にしすぎなんじゃない?」と言われただけだった」などの日記、記録をしっかり続けましょう。
続ければ続くほど、証拠になります。
それを訴えていくことで、いじめを防いでいくことができます。
いじめは「子供や親や先生が親を軽くみている子供」にするのです。「この子の親ならいじめをしても我慢するだろう。誰に相談しても相手をする人はいないだろう。」となめられているのです。
大津の少年の死を無駄にせず、しっかりと犯罪を訴えましょう。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-19 15:13 | ぼやき

いじめ問題が爆破予告や脅迫状、加害者の情報流出などで生徒が通学していた中学校や大津市役所などに警察が家宅捜索する異例の事態になっています。
埼玉の中学1年の女の子のいじめ自殺事件は裁判で遺族が敗訴しましたが…。

男子生徒が自殺したのは去年の10月で、それまでに被害届を3回も出しているのに警察は拒否したらしく、学校や大津市教委も必死で「隠蔽」しようとしたものの、大きな問題になってしまったことで「いまさら」バタバタとしています。
いまだに「ことなかれ主義」「とにかく隠蔽」「何もなかったことに」の閉ざされた「学校」という名の恐ろしい場所。

いじめの内容を聞くと、よくも「知らぬ存ぜぬ」ととぼけることができた、としかいいようのない耳をふさぎたくなるような悲惨な内容で…。
この自殺した中学生のまわりには人間の皮をかぶった化け物ばかりではないかと思ってしまうほど悲しいものです。
もう、いじめも立派な「犯罪」ですね。

犯罪として扱わないと、あまりにも大人や学校関係者はのんきすぎるので、もう少し犯罪が行われていることを自覚してしっかりしてもらわなければ困ります。
いじめを知って傍観していたまわりの大人も学校も「ボーッ」としすぎ。
先生はアホばっかなんでしょうかね。
まわりに、まともな人間は一人もいなかったのでしょうか?

そして、今でもこれまでもあちこちでいじめという「犯罪」が起こっていて、何事もなかったように生きている人たちが大勢いると思うと、恐ろしい世の中です。

いじめを行っている当人たちは、いじめているうちに「最後に自殺するかもしれない」と自覚できていたはずで、どんどんエスカレートしたんでしょう。
まわりで傍観している者たちも「最後に自殺してしまうかもしれない」と思っていたはずです。
だからこそ、いじめは早期発見してすぐに手を打たなければならないのに、学校の中にはまるで大人が一人も存在しないような無関心さ。

その中にどんな気持ちで彼は、毎日地獄のような学校へ通っていたのでしょうか。。。
命の危険がある場所には、生き物は近づかないはずです。

いくら親が助けようとしても…学校内での出来事がここまで閉ざされ、学校へ、市教委へ、警察へ、どこへ助けを求めても親が無力なら、どうすればいいのでしょうか?

いつまでもいじめの悲惨な出来事はなくなりませんが、教育関係者や学校は、いったい何をしているんでしょうか?
「スクールカウンセラー」や「いじめ相談窓口」などが設置されているはずなのですが、何をしているのでしょうか?
ただの税金の無駄遣いですか?
子供にしてみれば勉強は塾へくし、学校は退屈で、何をしに行く場所になっているのでしょうか?

茶髪にすれば鍵をしめて子供を学校に入れない校長や、子供にすごい威圧感で偉そうに上から者を言い、やる気を奪い取る教師、女子をなめるように見る教師、教師全員による子供いじめ。
子供をダメにする先生や、子供のためにまったく役に立たない学校なら増税もささやかれる中、そんな場所いらないです。
世間ではまるで「親がうるさい」モンスターペアレンツなどと思われているようですが、親が怒るのには理由があります。教師も子供と一緒にいじめに参加していたり、まるで話しにならない。
親から見て、先生にも人格に問題のある人が多すぎるんです。
毎年、子供にアンケートを取るべきです。

学校では「普通の子以外は仲間外れにしましょう」「従順な子だけをいい子と扱いましょう」ということしか学べない。
みんな個性のある人格だということを教えてくれるところではありません。
ただの、大人と子供のストレス発散のはけ口のようです。

これでは、安心して子供を産み育てられる環境ではないといえます。
政治も学校関係者と同じで自分たちのことだけを考えるのに一生懸命で、このぶんじゃアテにはならないようだし。

とにかく、自分の子供がいじめを受けているかもしれない、と感じたら親子で「被害者」であるという認識を持ったほうがいいですね。
そして、すぐに「記録」を続け、子供とともに「日記」に記録し、あちこちに相談したなら、その内容をすべて録音しておきましょう。
動かぬ証拠を揃え、いじめをする者はいじめという犯罪の「加害者」と扱いましょう。

学校は「うちの子がいじめを受けているかもしれない」と相談があったら、1週間以内に学校で「アンケート」を実施することを義務づけ、親に提出することをするべきで、それは当たり前のことだと思います。
子供たちは人としての立派な意志があるなら、しっかり見たこと聞いたことをアンケートに記入しましょう。
そして、そのアンケートは一切偽造せず、相談した親に「証拠書類」として提出してください。
警察はそのアンケート内容をいじめという犯罪の「証拠書類」として扱いましょう。

親は贅沢もせず、まじめに働き貧しいながらも子供を産み育て、税金を収めているのですから、当然のことじゃないでしょうか?

アメリカではホームスクールというシステムが法的に認められています。
家庭や図書館などを利用しながらテストも自宅で受けられるようです。公立学校のような扱いで、アメリカでは、このホームスクーリングが増加し続けています。
(アメリカでも、学校は問題が多いのでしょうか)
日本でもホームスクーリングが法的に認められ、一日も早く定着してほしいものです。。。

定着しないとしても、学校は命がけで行かなくてもいいし、他にいくらでも方法はあるはずです。

◆いじめを受けやすい子
あまりしゃべらない子
茶髪で不真面目な子
母子家庭の子供
親がPTAをしない子供
美人・かわいい子

など、女の妬みが潜んでいるわかりにくい陰湿タイプや、先生も親を見ていじめに加勢するか見てみぬふりするかなどを判断している様子もある。
茶髪の子でも親が熱心にPTAをしていれば先生のいじめには合わない。
PTAの親の子どもや地元の権力者の子供や、親が偉い、などがいじめをするパターンが多いですね。
そんな子供のことは先生も見てみぬふりしてくれますから、いじめの根本は親であるパターンもとても多いです。
PTAの親や、群れている親というのは自分が気に入らない親の子供をターゲットにして自分の子供をけしかけたり、仲間同士で先生も取り込んで暗黙の了解でいじめが行われる場合が非常に多い。
教師に自分の子がいじめに合うのも、逃げ場がなく、たまったものではありません。
しかも相手をちゃんと見極めているからたちが悪い。
ストレス発散なのか自分の力を誇示したいのか試したいのか、おぞましいドロドロした、まさに野放し状態。
これは昔からの学校内での決まりごとのような伝統のようなもので、何十年も変わらない。

私はやっと中学生の子供はいなくなりますが、まわりのお母さんたちも大変苦労してました。
母親たちに自分がいじめのターゲットになってしまうと、子供に及ぶことを知っているからです。

学校は大人の世界にも蔓延するいじめの諸悪の根源であるかもしれません。
これだけ蔓延すれば、結局は社会の中で誰しもいじめに合う確率が高くなるだけです。
大変な世の中ですから、そんなジメジメしたつまらないことはやめて子供には楽しい学校生活を与えてあげたいですね。
話はそれていきましたが、とにかくお母さん、自分の子供を自分で守りましょう!!

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-13 17:49 | ぼやき

絶大な効果に毎日塩麹を食事に取り入れ、数ヶ月が経過してます。

今は塩麹を自分で作ることはあきらめ、スーパーでチューブ入りやビン詰めで販売されているものを購入してます。
継続のコツは「自分の性格に合った継続方法」なので、私はとにかく面倒なことはダメだと思い、今後も売られているうちは購入することにしました。

そのおかげか、いまだに継続しています。
ポッコリおなかもペッタンコのまま体重もある程度落ち、「これ以上は体重は落ちないのよ」という私のカラダの反応のまま、「そうか、ここまでか。」と思いつつも自分でも「ちょうどいい線だな」と納得してます。

そんな日常で、ふと思い出したことがあります。
夏服を押入れからひっぱりだして整理していた時に「あっ!!」と思い出しました。
「この服は…」
ちょうど一年前の夏に購入したブティックでの光景が蘇ります。
普段は通り過ぎていたお店にマネキンがとってもカワイイ、フリフリのワンピースのようなのを装着していて、これにひきつけられてお店に入り、ジーッと見ていました。

ワンピースかと思いきや、つながっている。
「これじゃトイレが大変だな~」と、迷っていました。

すると、店員が近づいてきたので「これ、つなぎなんですね~」と話しかけてみました。
店員は「そうなんですよ~このタイプはみんなつなぎなんです」
「トイレが大変だな~」とつぶやくと、「そうですねぇ…妊婦さんですか?」

「妊婦!?」「いえ、妊婦じゃありません」
かなりショックでしたが、平然と切り返しました。
店員さんは「失礼しました。ごめんなさい」とすぐにあわてて謝ってくれましたが…。
謝られるのも、なんか情けない…。

苦笑いしてごまかし、「こんな店で買ってたまるか」とは思わず、やっぱり気に入ったので購入して帰宅。
しかし、3日ほど頭の中で「妊婦さんですか?」がリピートし続けていました。

それほどショックだったのにもかかわらず、特に痩せようとは思わなかったのが笑ってしまいます。
「食欲と戦うのは無理」
はじめから「私にはダイエットは無理」とわかっていたので、特にダイエットをしたこともなかったんです。

なので、「ま、いいか」と過ごしていた矢先にテレビで塩麹を知り、はまってしまった結果、今年は妊婦さんに間違えられることはなさそうです。

結局、その服はやっぱりトイレでほぼすべてを脱ぐことになり、トイレの中でブラとパンツだけの姿になってしまうし、ポッコリおなかも異様に目立って、あまり着なかったんですが…今年は着てみようかな~

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-09 17:53 | ダイアリー

春頃にはユニフォームのチャックが壊れて四苦八苦し、やっと落ち着いていたのに…。
今度は夏のユニフォームや体操服の「黒カビ」について子供から毎日のように「どうにかして」と問い詰められる日々。
1~2週間は「いろいろしたけど取れないし」とか「どうすれば落ちるのかな~」とか言いながらはぐらかし、そのうち忘れてくれたら夏も終わるし。そうすれば来年は卒業だからこの夏だけ我慢してくれればいいんだし。
そんなふうにたかをくくっていたのですが。

さすがに最後にはキレられて、「どうにかして、って何回も言うてるやろ~!!」とわめき倒され…。

仕方なく、ひと夏のために新品を購入しなければ、と思っていました。
しかし、体操服は近所に2件しか購入できるお店がなく、しかも日曜日はお休みだし平日は仕事で行けないしで、困り果てていました。

ネットでもいろいろ調べて「漂白剤に一晩つける」「キッチンハイターに一晩つける」とか毎日試行錯誤していたのですが、黒カビはまったく動じず、落ちる気配はみじんもない。

大事な背番号などがボロボロになってきて、取り返しのつかないことになりそうな予感がプンプンするし。

「そうだ!!落ちないなら、塗ればいいのか」と思い、白の油性マジックを購入し、カビを白く塗ってみました。
すると…
その白く塗った部分が固くなり、とても変で、とうとう着れない状態にまでなってしまった…。
うちの子、これにはかなり怒らせてしまいました。
「普通、塗るか!?そんなこと誰もしない!!」

だよね~
やっぱりね~

「ま、まずい。。。やっぱり購入するしかないか…」
クラブのユニフォームはさすがに顧問の先生に連絡すると「もう少しで卒業ですからユニフォームの代わりに体操服で練習すればいいですよ」と言ってくださり、「ホッ」と胸をなでおろしました。
「いえ、体操服も同じ状態なんです」とは言わず、これはなんとかして電話ででも注文し、平日に受け取りにいかねば…。
決心して体操服を注文しました。
思ったよりお安くて、1,500円ほど。「案外安かった。もう少し早く注文しとけばよかったな~」と内心思っていたのですが。。。

「じゃ、この黒カビだらけの体操服は新品が到着すれば、捨てましょう」と諦めました。

諦めた途端
034.gif
「カビといえばカビキラーじゃない!?」とふと思いつき、「どうせもうすぐ捨てるんだし」と、早速黒カビに大胆に「シュッシュッ。」
「あれ…?」なんだかカビがカビキラーから逃げるように移動しているような、広がっていくような感じに見えました。
「錯覚かな…」と思いつつ、とにかくカビキラーをふきつけてしばらく置いてみることにしました。
10分ほどして、なんだか気になり見てみると…「えーっ!!!」そうなんです。ほんの10分ほどで黒カビの痕跡はまったく無くなっていました!!
「マジで」
005.gif
とかつぶやきながら、まだ信じられません。

とにかく洗濯機で通常の洗濯をし、乾かしてみてからじゃないとハッキリしない。
そして…乾かした翌日。

「マジか~っ!!!」というくらいキレイになっていました。
しかも、刺繍の学校名も何もかも色が抜けてしまい、ただの真っ白なTシャツになりました。
すべてが落ちてしまうのも困るかも…
しかし、みごとに落ちました。
さすが「カビ」といえば「カビキラー」です。

でも、体操服もう注文しちゃったなぁ…名前の刺繍待ちだし、まさか今からキャンセルはできないよな~。。。
こんなことならもう少し早くカビキラーを思いついて試してみるべきだった…
なんて後悔してもあとのまつりなので、とにかく黒カビを落とす方法を発見したことは収穫でした。
ネットで検索しても解決策がなくて困っている方、たくさんいたので、是非ご参考にしてくださいね~
※落としたくない部分も落ちてしまうのでご注意下さい。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-07-05 17:28 | ダイアリー

電気料金の値上げと増税でダブルパンチになりそうですね。
マスコミや政治家はニュースで同じ時期に取り上げられるのはマズイと思ったのか、時期をずらしてごまかすつもりのようです。
まずは電気料金を大騒ぎしたあとにみんなが飽きてきた頃を見計らい、しばらくしてひっそりと値上げして、それに慣れた頃に増税をしようと時間差でいくつもりでしょうか。
団塊の世代が一気に年金生活になるので、「増税するなら今しかない」と思って焦っているのでしょうか?

しかし、どんだけたかれば気が済むんでしょうね。
自分達の尻拭いをしてから、それから国民に尻をぬぐってもらうのが筋道だと思いますが。
電力会社や政治家の人たちは「まず宿題を済ませてからおやつにしなさい」と言われたことはないのでしょうか?
「いや、おやつが先だ」と言って無視してさっさとおやつを食べ、宿題は黙っていれば忘れたふりをして結局しない、というまるで「うちの子か」パターンじゃないですか。

「やるべきことを全部やってから、お願いする」「削れるものは全て削ったので、お願いします」その意志がまったく見えないし「すっとぼけて押し切ってしまえ」みたいな雰囲気がしますが。
電車に乗る時に順番を守らずにいきなり横から割り込んですっとぼけるおっちゃんか。

しかし、とんでもない。
「子供手当て」どころか「子供手当てはやっぱりやめて、増税します」なんて。
子供を育てられる環境なんてもっとなくなってきました。

「最近は子供を預けて外でバリバリ働く女性が増えてきた」とかお昼のテレビ番組で言ってましたが、「働きたいんじゃないの、働かなきゃ生活できないの。子供を人に預けて働きたい母親なんていないし」とブツブツテレビに文句を言っていました。

若い頃、育児書でどこかの遠い国の裸族には「反抗期がない」と読んだことがあります。
それは赤ちゃんの頃、母親はずっと子供をおんぶやだっこをし、ずっと母の肌に触れているから子供は最初の人格形成の部分でゆるぎない安心感を構築できる、というような内容でした。
母親は何かと子供の面倒を見て生きていくのが本来の姿です。
心身ともに面倒をみてもらった子供は人格の基礎ができているように思います。

残念ながら母親が忙しく、あまりかまってもらえなかった場合は大人になっても胸の中のぽっかり開いた穴を塞ぐことができず、苦しみ続ける人もいるようです。
母親から与えられなかった肌の温もりや愛情を異性から得ようとする傾向があるのか、セックスが好きなわけでもないのに…人肌が恋しいんでしょうか。

それにしても政治はもう、国民の生活なんて考えてはくれないのでしょうか。
というか、そもそも考えてくれたことがあるのか?

それに、もしまた日本のどこかで地震が起き、また違う原発が故障して賠償問題になったら、またまたさらに電気代を値上げするんでしょうか?

とにかく、国民はもう、たかられても何の贅沢をする余裕もない、楽しみもない、働いて寝るだけの日々なんだから勘弁してほしいですね。
ただでさえ家の中でもゴミの分別に振り回されて、母親は大変なんですから。

しかも、いくら分別してもトイレットペーパーのひとつも支給せず、当たり前のように分別してますが…。
国民は奴隷じゃないんだから。
小さい子供や年寄りの家は分別できないんで大変だろうと思います。
母親は毎日、分別ゴミと支払いに追われてゆっくり子育てするような状況じゃないですね…。

もう少し、なんとかならないんでしょうかね…

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-06-18 11:07 | ぼやき

なかなか、しつこい咳がおさまらず占い鑑定中にも何度も咳き込む始末でお客様には大変ご迷惑をおかけしております。

あまりにも咳が治らないのでネットであれこれ調べてみたら、どうも「咳喘息」になっているようです。
最近になって問題になっているようで、まだ咳喘息を知らない医者もいるらしく、放置すると喘息に移行するかもしれないようです。
今まで何度も通った病院で処方してもらった薬はダメだとあきらめ、「長患いには漢方だ」と思い、薬局で麦門冬湯を購入して飲んだところ、少しおさまってきました。

咳喘息の原因は自分自身の環境で観察してみると、家族全員が夏前に風邪のような症状から長引く咳になりがちなので「エアコンを使わず窓を開けて寝る」ことに問題があるような気がしています。
冬の乾燥を予防するために濡らしたタオルを枕元周辺にぶら下げて寝ていますが、暖房しなくてよくなる頃からタオルの加湿もなくなっていることもひとつの問題かもしれない、と思いタオルもまた毎晩ぶら下げて眠るようにすると少し、マシです。
マシですが、完全ではない。

残るは「外気」の問題…。
排気ガスやなんらかのアレルギーの可能性もあるものの、私が一番疑っているのは「黄砂」。
「咳喘息」が最近になって認知されてきている病気であることとも一致するし、いくら漢方薬を飲み続けても毎晩窓を開けて外気を吸って眠るなら、一進一退するだけでなんのクスリも効かないかもしれない。
真夏になり、エアコンをつけるようになると冷たい空気とエアコン内のカビで、さらに咳喘息は悪化するかもしれない。
長期間咳をすることで体力も消耗し、熱中症にもなりやすいかもしれない。

とにかく、この時期の咳はやっかいです。

黄砂が原因なら、なぜテレビや数多くある健康番組でも取り上げないんでしょうか?
どうすることもできない問題だから知らん顔してるんでしょうか?
もっと大きな問題になってもおかしくないように思うのは私だけでしょうか…

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-06-14 15:06 | ぼやき

日々、占いの鑑定依頼について感じることですが。

不思議と、皆さん運気が上昇する直前であることがとても多いです。
たぶん、運気が下降し続けて「もうダメだ」と苦しく感じるピークなんですね。

しかし、これは夜明け前の状態です。
「明けない夜はない」ので、もうすぐ夜明けなんですが真っ暗闇でまわりがよく見えないので不安なんですね。
自分自身が一番つらい、ピークの時ということを皆さんは自分でかなり高い確率で感じ取っています。

本当はゆっくりと慰めてあげたい気持ちはあるのですが…。
どうしても時間がないのでとにかくご依頼内容にお答えすることで終わってしまいます。

あまりいいお答えができない時は、お伝えすることは心苦しいものです。

「別れ」はつらくて悲しいです。
でも乗り越えていかなければならない時もあります。

今の彼のバスに乗らなかった、または乗れなかったとしても…

諦めずに次のバスが来るのを待ちましょう。

バス停にちゃんと立って待っていれば心配しなくても、少し遅れても、次のバスが来ます。

時は流れています。
運気にも潮目があり、自然の摂理は厳しいけど優しいので、冬がくれば次は春です。
春がくれば、冬には想像もできなかったように花が咲き、景色が一変するんです。

不思議なことに、日常の出来事は「まとまる」ことが多いようです。
普段でも「忙しい時に限ってもっと忙しくなってしまう」というようなことが起こります。
なにもなに時には本当になにも起こらなくて暇すぎて困るのに。

いったん、暇な運気の潮目が変わり、忙しい運気に切り替わると、仕事や出会いや別れがドッとまとまって来たりするんです。

夜があれば朝がくる。

原因があって結果が出る。

自分がまいたタネはイヤでも必ず芽を出して花を咲かして実を付けます。
まいたタネを間違えた場合には、途中で「しまった」と後悔しても自然の摂理ですから、受け入れるより仕方がありません。
自分で刈り取り、後始末する以外に方法はないです。

自然とはとてつもなく大きな力で、振り返れば、何も自分にとって意味の無いことなどなかったと思われます。
「ああ、このときのためにあの時が必要だったのか」とふと思うことがあります。

自然の流れに逆らうことはできないのなら、川を流れる葉っぱのように、流れに身を任せましょう。
たまにはしばらく岩にひっかかり、なかなか流れなくるかもしれません。
でもそれにも意味があると思い、抵抗せずにいると、またスッと流れ出します。
流れに逆行しようとしても、それは無駄なことのようです。
自分の身に起こる必然を受け入れながら流れていきましょ。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-05-28 17:07 | 占いについて

キャミソールっていうのか、アンダーはいまどきはカップがしっかり縫い付けてありますね。
一昔前は中にカップが入ってました。

この、キャミソールに付属しているカップ…
洗濯すると中でくちゃくちゃっとなったり、片方だけ外れてたりして、干す時にイライラします。

またもやベランダでブツブツぼやくことに。
「なにっ、これ!!もう!!」とか。
013.gif

いまどきの縫い付けて一体となっているアンダーにすべて買い替えです。

はじめからこうしておいてほしかった。

カップだけ別にすることに何かメリットがあるんでしょうか…。
もしかしてヌーブラなんかをカップのかわりに装着したりするとどうなるのかな?

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-05-21 17:03 | ぼやき

なかなかお金は貯まらないのに洗濯物とゴミはすぐに貯まります(~o~)

毎日の洗濯物は大量です。

そんな日々で、毎回のように洗濯機に不満を抱きます。
「落ちてない」不満。

洗濯機、もう少し改良してもらえないかな~。

冷蔵庫や電子レンジなんかは結構日々進歩してるのに、洗濯機はドラム式になって乾燥までできるようにはなったものの、「落ちてない」不満はなかなか解消されない。

「ムカッ」とします。

「洗剤は意味ある?」「ただクルクル回してるだけじゃないの?」とベランダでブツブツ言いながら洗濯物を干す日々。

通常のタオルや下着だけなら「こんなもんか」という仕上がりであきらめもつくが、泥汚れやちょっとハードな汚れになると、ホントに洗濯機は「気休め」程度にしか発揮してくれない。

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-05-14 12:23 | ぼやき

先日、ジャージのチャックがとうとう、どうにもこうにもならなくなりました。
最初はチャックの一部分にひっかかりがあり、ちょっとイライラする程度でしたが。

どうしても子供のサッカーチームで着るジャージで、買い換えることをコーチに伝え→コーチがお店に注文し→取り寄せて…となると毎週末の試合には到底まにあわない。
しかも、あと半年前後で引退なのに新品に買い換えるのはジャージにネーム刺繍や選手番号をアイロン付け…となり、金額が高い。

そこで、近所のリフォーム店に駆け込みました。

リフォーム店から「いらっしゃい」と奥からヌッと出てきたのは顔中になにやらイボか、またはシミなのか、とにかく真っ黒な顔に、さらに白髪の長髪がメチャクチャにボサボサなおっちゃんというか、おじいちゃんが。

その不気味さと「女性が出てくると思っていた」思い込みとで、後ずさりしそうな驚きを覚えました。
しばらく目を大きく開いて口をポカンとあけ、「もう少しどうにかしたら」みたいな目で私はそのおっちゃんを見ていたに違いない。

が、われにかえり「チャックをなおしてほしい」との趣旨を伝えところ、おっちゃんは「チャックを取り寄せてからになるから一週間から十日はかかる」との返事。しかも、なんと4000円。
「たっ、たかい…」としばらく無言で考え込んでいたら、おっちゃんがナイスな提案をしてくれ、「ろうそくのロウを塗ってればマシになる」とのこと。

「そっか。」
「最初のひっかかりさえスッといけばガッとあがるし」と思い、「そうするわ、ありがと~」と言って店をあとにし、そのまましばらくろうそくのロウでごまかしてました。

「洗濯するたびにロウを塗るのは面倒くさいよー」と感じていた矢先、とうとうチャックをあげてもチャックの部分以外はすべて開いたままのアパアパ状態、どうにもこうにもならなくなってしまった。

この夏で引退だし、あと1カ月もすれば半袖になるし、あと1ヶ月なのにぃ~
「もう少しだから、夏まで耐えてくれ~」と思い、「気づかなかった、見なかったこと」に、していたら…。

さすがに、子供から「このチャックどうにかしてくれよ」発言。
「あ、やっぱり?」と思いながら仕方なくしぶしぶリフォーム店へ。

ところがこの日はツキがなく…。
出かけようとすると雨が降り、おっちゃんのリフォーム店へ行くとお休み。
「イヤな流れだな~」と思いつつそのまま車を走らせて大型スーパーへ。

リフォーム店を探すことに体力を消耗したくないのでサービスコーナーで場所を聞き、リフォーム店へ直行。
「チャックを取り寄せてからになるので一週間から十日はかかります」との返事。
「やっぱりそうなるか…」お値段は、4500円。(げっ、おっちゃんとこより高いぞ)と思い、またもや「また来ます」…。
どうすればいいの、状態。

「もう一軒あったような気がする」と思い、体力消耗覚悟でぼんやりした記憶をたどりウロウロしていたら、「あった!!」もう一軒、発見
006.gif

このお店はチャックのストックが大量にあり、なにやらゴミ袋のような中に詰め込んであるチャック達の中からゴソゴソと「こんな感じでいいかな?」「ちょっと違うような…でも、まっいいか」らしきチャックを探し出してくれ、「こんな似たようなチャックでよければ明後日仕上げ」。
「あ、いいです、違和感なく閉まればいいんで」で、4200円。
「このアバウトさがいい感じ。もう、ここしかない」と、やっと決心しました。

二日後に仕上がってきたジャージを子供に渡すと「あれ?」とチャックの色に違和感を感じたみたいでしたが、「ま、こんなもんか」とそのまま何事もなかったかのように着ているので、ひとまずホッ。

制服とか、ユニフォームとか、スポーツバッグとか…おそろいで統一というのもわかるんですが、そこってかなり金額が高く設定してあって困ってしまう時が多々あります…

[PR]

by shin-sui_21 | 2012-05-07 14:31 | ぼやき